みなさん、こんにちは。

永田町は、もう、揺れっぱなしです。辻元議員の辞職願いは今日の衆院本会議で全会一致で許可され、正式に議席を失いました。一民間人となった辻元氏ですが、同氏の疑惑と責任は果たされておらず、今日の与野党合意で、同氏の参考人招致が決まりました。合わせて、加藤紘一代議士(現在、無所属)の証人喚問も避けられない状況になってきました。すでに今日の朝刊で大々的に報道されているように、加藤氏の政治資金団体から加藤氏名義の個人口座に9千万円以上のお金が流れていたことが判明しました。これは、これまで加藤氏が「政治活動にしか使っていない」としてきた主張を根底から崩すもので、加藤氏の辞職はもはや不可避です。この人物がつい最近まで「総理に一番近い男」と言われていたことが、本当に信じられない事態です。しかし、司法の手が入り、道義的かつ法的責任が明確になってきたわけですから、当然の報いでしょう。