みなさん、こんにちは。

また、ちょっと寒気が戻ってきました。電車の中にいると再び風邪を引いている人が増えています。春の前、お互い油断せず健康維持していきたいものです。健康維持といえば、最近ある本で「ウォーキングが一番いい」ということを学びました。現代人は歩数が大変少なくなっており、それが不健康になっている一因でもあるらしいのです。その本によると、江戸時代の日本人は平均で毎日2万?5万歩歩いていたそうです。現代ではそれほど歩いているのは、「かなり外で遊んでいる子供」だけで、大人の中には5千歩に至らない人も多いということです。健康を維持するために必要な歩数は、よく言われるように1万歩。私もそろそろ万歩計を買おうかな、と思っています(余談ですが、公明党の神崎代表は「最も歩く国会議員」の一人としてマスコミでは有名だそうです)。