みなさん、こんにちは。

衆議院の方は、焦点の証人喚問問題がどうなるか、今夜中に結論はでるものと期待しています。野党は、鈴木代議士の証人喚問がきちんと行なわれたら、予算審議と採決にしっかり応ずるべきです。野党としては、鈴木問題で与党を久々に攻められると思ってか、珍しく「団結」(野合?)していますが、この厳しい経済状況の中で、予算を「人質」に取った国会運営をするやりかたにも自ずと限界があることを知るべきです。一連の外務省改革問題に取り組むことは、与党だってやぶさかではありませんが、大事な来年度予算を棚上げにすることは許されません。