公明新聞:2009年3月26日

遠山氏が時局講演会で力説
長崎・西海市

長崎県西海市で行われた時局講演会で講演する遠山清彦 公明新聞:2009年3月26日
あいさつする遠山氏=25日 長崎・西海市

 公明党の遠山清彦前参院議員(衆院選予定候補=比例九州・沖縄ブロック)は25日、長崎県西海市で行われた党県本部主催の時局講演会であいさつした。

 席上、遠山氏は生活者支援策の柱の一つである定額給付金が、全国各地で支給が始まり、国民に喜ばれていることを報告。「われわれこそ、庶民の目線で不況に立ち向かう人間主義の政党だ」と力説した。

 また、小沢一郎民主党代表の公設秘書が起訴された問題に言及。国民生活第一と言いながら、「政治とカネ」の問題で、国民に政治不信を増幅させた責任は重いとし、「このような政党に国民生活を任せるわけにはいかない」と糾弾した。

 これに先立ち、いだ利定市議(西海市議選予定候補)が全力で戦う決意を述べた。