遠山氏 地域若者サポステを視察
静岡市

静岡地域若者サポートステーションを視察する遠山氏(中央)ら
静岡地域若者サポートステーションを視察する遠山氏(中央)ら

 公明党の遠山清彦参院議員(参院選予定候補=比例区)は3日、静岡市内に開設された静岡地域若者サポートステーション(しずおかサポステ)を視察し、スタッフから事業内容や課題を聞いた。市議会公明党の小野勇、片平博文の両議員も同行した。

 サポステは、就労していないニートなどの若者を支援する拠点として全国での設置を公明党が推進。現在、全国で50カ所に置かれ、この日オープンした、しずおかサポステではニートとその保護者を対象に、(1)カウンセラーによる個別相談(2)職場ふれあい体験(3)ジョブトレーニング(働くための練習としてイベントやゲームに参加)――などを実施する予定。「開設前から多くの問い合わせがある」(自立支援員)ほど期待も大きい。

 遠山氏は、「今後も現場の声をよく聞き、サポート体制を充実させたい」と述べた。
公明新聞:2007年7月4日