太田幹事長代行らが出席し都本部が1期生議員研修会に

活発に行われた東京都本部の1期生議員研修会=3日 公明会館
活発に行われた東京都本部の1期生議員研修会=3日 公明会館

 公明党東京都本部(山口那津男代表=参院議員)は3日、東京・新宿区の公明会館で、1期生議員研修会を開催した。これには、太田昭宏幹事長代行が出席し、あいさつしたほか、山口都本部代表、高木美智代衆院議員、遠山清彦参院議員(ともに都本部副代表)らが国内外の政治課題について見解を述べた。

 会合の中で太田幹事長代行は、公明党議員としての姿勢について、「大衆直結で、どれだけ地域の中に入って頑張れるかだ」と語り、“大衆とともに”の立党精神の重要性を改めて強調した。

 さらに、マンションなどの耐震構造設計偽造問題で、公明党がいち早く対策本部を立ち上げ、現地調査を行うなど全力で取り組んできたことに言及。住民の安全確保と不安解消が最優先であることを述べた上で、「苦しんでいる人、一番大変な人の側にいつも公明党がいる。これが公明党の魂だ」と訴えた。

 あいさつに立った石井義修都本部幹事長(都議)は、訪問対話運動、地域サポート運動、機関紙拡大に全力で取り組んでいこうと呼び掛けた。

公明新聞:2005年12月4日付