タレント ミッキー安川氏
太田昭宏幹事長代行
遠山清彦青年局長

 ラジオ番組の辛口トークで、幅広いリスナー(聴取者)に大好評のタレント、ミッキー安川さん。公明党の太田昭宏幹事長代行、遠山清彦青年局長と、ざっくばらんに、今後の政治のあり方を語り合ってもらった。
(てい談の際の写真は、当サイト「活動アルバム」11月29日付にも掲載しています)

太田 ミッキーさんのラジオトーク番組、昼の「ミッキー安川のずばり勝負」は23年、夜の「ミッキー安川の朝まで勝負」は11年。リスナーも幅広く、大好評ですね。私も3回出させていただきましたが、歯に衣を着せない辛口の進行で非常に刺激的でした。

ミッキー “病み付き”になった?(笑い)

遠山 私も出させていただきましたが、それにしても毎回、熱いトークが展開されてますね。

ミッキー ええ、それは熱い?ですよ(笑い)。冒頭から注文するようだけど、公明党の皆さんはジェントルマンすぎるよね。

遠山 と言いますと?

ミッキー 公明党は昨年の衆院選、今年夏の参院選ともに勝利し、公明党との選挙協力が功を奏し、連立与党としても勝利した。なぜ、そのことを自信を持って表に出さないんだろうね。

太田幹事長代行太田 確かに衆院選、参院選とも、マスコミなどによって自民、民主両党の「二大政党制への移行」ばかりが喧伝され、公明党にとっては逆風をハネ返しての勝利でした。

ミッキー 以前、番組に出てもらった神崎(武法代表)さんが「自公でこれからも仲良く……」って言うから、「それは違うよ。順番が逆で『公自』じゃないの?」って(笑い)。
要は、公明党がより強くなれば、もっと自民党もしっかりすると思うよ。

太田 ありがとうございます。ところで、公明党は今月17日で結党40周年を迎えました。

ミッキー 10月末に記念の党大会が開かれましたね。

公明党の行動原理は「現場第一主義」。
新潟県中越地震 党の総力挙げ、被災者を支援 (太田昭宏氏)

太田 はい。40年前の結党当時、公明党は自民党と社会党の二大政党が国民不在の抗争に明け暮れているなか、政治の谷間で苦しむ「一人」の人間に光を当てる政策の実現に必死に取り組みました。その中から、児童手当、乳幼児の医療費無料化など数多くの実績が生まれました。

遠山 連立に参加したこの5年間も、公明党が主導して少子化対策の流れをつくり、奨学金や保育所の待機児童解消策などの子育て支援策の拡充、また循環型社会への転換をめざす基本法や文化芸術振興の基本法制定を実現し、庶民感覚と掛け離れた国会議員の特権や、行政のムダ遣い、公共事業にもメスを入れました。

ミッキー安川氏ミッキー 確かに公明党議員は、まじめだよね。庶民のための政策も実現してきた。だからこそ、これからは「公明党こそが日本を変えていくんだ」という強い姿勢を、もっと明確に前面に出してほしいよね。公明党は、もっと前へ、もっとアグレッシブ(積極的)に!
国政に重要な役割を担う連立与党として、もっと主導権を発揮してほしい。宣伝べたではダメだよ。

遠山 多くの国会議員と直に語り合ってきたミッキーさんは、政治家にとって何が一番大事だと思いますか。

ミッキー 言葉より「行動」という点だね。言うばかりじゃ、ことが進まないから。

太田 その通りですね。公明党の不変の行動原理は「現場第一主義」です。今、復興が急がれている新潟県中越地震でも、党の総力を挙げて現場に入り、被災者の支援に全力を尽くしています。

遠山 イラクの人道復興支援についても、私は何度もイラクの現地に足を運び、支援策を探り、形にもしてきました。

国政に重要な役割担う公明党。
「日本を変える」姿勢、もっと前に (ミッキー安川氏)

ミッキー 僕はそんな公明党に、やってほしいことがあるんだよね。

太田 何でしょうか。

ミッキー 中国などアジアの留学生の受け入れですよ。「学生センター」みたいなのをつくって、他国の学生に積極的に日本の大学で学んでもらう。ODA(政府開発援助)を、そこに力点を置いて使ったらいい。

遠山清彦
遠山 そうですね。実は、日本はすでに10万人超の留学生を受け入れてますが、多くが語学だけを学ぶためで、母国での職業などに生かせていない面があります。留学生支援策を、人材育成の視点から拡充させる必要があります。

ミッキー 日本で学んだ若者は、その思い出を絶対に忘れない。それが後になって必ず生きてくる。これは公明党こそができることだよ。

太田 今月10日に日本外国特派員協会で講演した神崎代表も、アジアとの人的交流の拡充を提案しています。

ミッキー いいね。

青年の行動が改革の原動力
アジアとの人的交流で相互理解を (遠山清彦氏)

遠山 未来を担う人材育成支援、人的交流を大胆に進めていくことが相互理解を深め、ひいては日本経済の活力、国際平和への前進にもつながると・・・。

ミッキー そうなんだよ。遠山さんは若いけど、あっと言う間に年くっちゃうよ(笑い)。だから公明党は、「今やらなければ、いつやるのか」っていう青年の気概で思い切り動いてほしい。

遠山 「青年の行動こそ改革の原動力」だと肝に銘じて行動していきます。

ミッキー 僕は本音で、今は毅然として公明党の実力を見せてやる時だと思いますよ。

太田 ご期待に沿えるよう全力で頑張ります。

ミッキー お二人とも、また、僕の番組に出てくださいよ。

太田 ぜひ、お邪魔したいと思います。きょうは本当にありがとうございました。
(公明新聞:2004年11月28日付)