551万人の署名簿手渡す
国際会議を開催し、事業推進を
現地調査再開めざし、国連と連携
イラク文化遺産保護へ財政支援

19syomei.jpg
福田官房長官(中央右)に署名簿を手渡す、はまよつ代行(左隣)と(左から)丸谷、西田、高野、遠山の各氏

 公明党のはまよつ敏子代表代行(参院選予定候補=比例区)、遠山清彦青年局長(参院議員)、西田まこと青年局次長(参院選予定候補=埼玉選挙区)は18日、国会内で福田康夫官房長官に対し、旧フセイン政権により破壊され、消滅の危機にあるイラク南部からイランにまたがるメソポタミア湿 原の復元事業を、わが国の主導で進めるよう政府に求める551万185人分の署名簿の一部を手渡した。これには、草川昭三副代表、高野博師国際委員長、丸谷佳織国際局次長の各衆参国会議員が同席した。
 同署名は小泉純一郎首相、川口順子外相、小池百合子環境相にあてたもので、青年党員が中心に運動を展開した。
 署名は、(1)日本のイニシアチブ(主導)でメソポタミア湿原復元のための国際会議を開催すること(2)現地調査の再開をめざし、国連環境計画など国際機関と緊密に連携していくこと(3)イラクの文化財保護・修復の支援策として、イラク国立博物館や文化財研究所の人材研修や財政支援などを行うこと――を政府に要請している。
 署名簿を受け取った福田官房長官は、同湿原の復元を通し、イラクの本格的な復興を願う多くの人々の思いが「ズシリと伝わってくる」と述べ、署名の意義を尊重し、政府として積極的に復元に取り組んでいく意向を示し、「今後も、(公明党から)知恵をお借りしたい」と述べた。
 この後、川口外相を訪ねたはまよつ代表代行らは、党視察団の団長としてイランを訪問したことを踏まえ、「同湿原の復元事業は、難民の帰還促進にもつながる」と強調した。
 これに対し、川口外相は「日本には、釧路湿原の復元などで蓄積されたノウハウがある。釧路湿原の復元と同じくメソポタミア湿原でも、環境省、国交省、農水省と密に連携していきたい」と答えた。
 一方、はまよつ代表代行と西田青年局次長、高木美智代衆院議員は18日午後、東京・千代田区の環境省を訪れ、署名簿の一部を小池環境相に手渡した。
 小池環境相は、「有識者による検討会を設置し、メソポタミア湿原復元など、イラクの環境面での復興にできることを検討している」と説明。来週訪日予定のイラクを含むアラブ諸国の政府高官から「現地の要望を聞いて取り組んでいきたい」と述べた。
(公明新聞)