* 参院決算委で遠山、山本保氏

 3日、参院決算委員会が開かれ、公明党の遠山清彦、山本保両氏が質問に立った。
 遠山氏は法務省が、不法就労などの不正行為がある在日外国人の在留資格を取り消して国外退去を求めることができるようにするための法改正を検討していることについて、「慎重かつ公正な運用がなければ、当局による不当な外国人差別を助長することになる」と主張した。
 法務省の増田暢也入国管理局長は「より正確な事実認定を適切に行うことができるよう規定を整備していく」と答えた。
(公明新聞)