* 検査体制の抜本改革求める
* 参院決算委で遠山氏

toyama.jpg
遠山清彦氏

 25日の参院決算委員会で公明党の遠山清彦氏は、東京電力が原子力発電所の自主点検記録を改ざんし、シュラウド(炉心隔壁)のひび割れなどを隠していた問題を取り上げ、東電と政府の対応をただした。
 遠山氏は、今回の問題について2年前に通商産業省(現・経済産業省)が内部告発を受けていたにもかかわらず、結果的に2年間も公表しなかった上に、事実関係の照合のためとはいえ、東電に対して内部告発者が特定できる資料を渡していたことに言及。「東電と原子力安全・保安院が馴れ合いの関係にあって、全くチェックが働いてなかったのではないか」と指摘し、原子力安全・保安院の検査体制を抜本的に改革するよう求めた。
 これに対し、平沼赳夫経済産業相は「疑いが起こるようなことがないよう、万全を期さなければならない」と述べた。
(公明新聞)