* セネガルの英雄・ドゥドゥさん
* 芸術拠点開設で協力要請
* 遠山氏が応対

senegaru.jpg
セネガルの国民的英雄、ドゥドゥさんと懇談する遠山氏

 アフリカの伝統音楽を広め、伝えたい――。熱い思いを抱きながら、伝統リズムの保存に取り組んでいるセネガルのパーカッション奏者、ドゥドゥ・ニジャエ・ローズさんが29日、参院議員会館を訪れ、公明党の遠山清彦参院議員に、総合芸術拠点開設へ向けた日本政府の協力を要請した。
 国民的英雄のドゥドゥさんは、72歳の今も第一線で活躍中だが、元気なうちにアフリカ芸術を世界に紹介する拠点を開設するのが、「生涯の夢」。「日本や欧米の演奏家を迎え、アフリカの文化を学んでほしい」と願う。すでに予定地を確保し、建物の図面も完成した。
 日本政府からの援助を待つ建物について、遠山氏は、「文化・芸術の振興にリーダーシップをとる公明党としても、ぜひ応援したい」と述べ、対応を約束した。
(公明新聞)