* 再開発へ整備進むビル跡地
* ニューヨークのグラウンドゼロ

ground.jpg
犠牲者の冥福を祈り献花する白保、浜四津、遠山の各氏

 訪米中の党国連本部派遣団の浜四津団長と白保、遠山の両氏は29日午後(日本時間30日午前)、昨秋の同時多発テロで崩壊したニューヨークの世界貿易センタービル跡地を訪れ、犠牲者の冥福を祈り献花した。
 通称でグラウンドゼロと呼ばれるビル跡地は、地下鉄駅の工事など、再開発へ向けた整備が急ピッチで進んでいる。一方で、仮設の献花台や近くの教会では、家族や友人の死を悼み、静かに祈りを捧げる人々が後を絶たない。
 浜四津団長らは、消防や警察関係者の遺族のために設けられた献花台に花束を捧げ、犠牲者の冥福を心から祈った。献花台には、犠牲者の顔写真やメッセージが書かれた星条旗などに交じり、幼児用の靴などが供えられていた。
(公明新聞)