* 日本代表が表敬訪問

 公明党の遠山清彦国際局次長(参院議員)は二十八日、公明党本部で、六月一日に国連世界食糧計画(WFP)日本事務所代表に就任した玉村美保子さんの表敬を受け、懇談した。
 席上、玉村代表は、紛争地域などへの食糧援助を呼び掛ける協賛広告を公明新聞が掲載してきたことに対し、「掲載されるたびに多くの方から協力が寄せられています」と謝意を表明した。
 遠山氏は、国内でWFPの活動に対する理解が十分に進んでいないことに触れ、「企業や一般の人々が国際的な貢献に協力しやすい仕組みが必要」とし、WFPの活動を強力に支援していく姿勢を示した。
 懇談では、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の食糧事情についても意見を交換した。
(公明新聞)