* 山口、遠山両氏が質疑

yama.jpg
山口那津男氏

 参院外交防衛委員会は18日、日本人拉致疑惑問題について、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に拉致された疑いのある有本恵子さんと横田めぐみさんの両親を参考人として招いて意見聴取した。
 これに続いて政府に対する質疑を行い、公明党から山口那津男、遠山清彦の両氏が立った。

tooyama.jpg
遠山清彦氏

 この中で山口氏は、在外被爆者支援問題をめぐる坂口力厚労相と北朝鮮保健相による閣僚級会談が延期されていることについて、「人道上の問題解決へ向けた糸口として、対話のチャンネルを確保すべきだ」と強調。また、米国や韓国、中国への協力要請、関係省庁など政府挙げての取り組みを求めた。
 さらに遠山氏が、この問題に対する外務省の見解を求めたのに対し、田中均アジア大洋州局長は、「(閣僚級会談の実現は)対話の糸口ではないか」との認識を示し、「段取りを踏んでやりたい」と述べた。
(公明新聞)