遠山清彦 世界を駆ける。現場を走る。

動物愛護

     

遠山清彦です。去る12日、参院予定候補のあきの公造氏と公明党熊本市議団7名と共に、熊本市動物愛護センターを訪問・視察しました。同センターは、「保護された動物(特に犬と猫)の殺処分を限りなくゼロにする」施設として最近テレビや新聞などでも取り上げられており、私は昨年暮れ頃から視察したいと強く要望しており、今回実現の運びとなりました。

私自身、愛犬を飼っており、昨年までは2匹おりました。そのうち1匹の黒ラブは、ブリーダーの劣悪な環境でやや虐待されていた状態で出会い、放っておくことができずに、もらい受けてきた難しい犬でした。しかし、訓練をしっかり受けさせ、昨年9歳で亡くなるまで、私たち家族の立派な愛すべき一員として、幸せな生涯を送ることができました。

近年の報道を見ると、日本もペットブームで犬や猫を中心に飼育数も増えていますが、それに伴い飼育放棄や迷い犬等で「愛護センター」に保護され、最終的に行き場がなく、殺処分にされる動物の数も増えています。最近の調査では全国で年間31万頭も殺処分されています。

そんな中、熊本市動物愛護センターの職員のみなさんは、「殺処分される動物を限りなくゼロにする」ことを目標に一致団結して取り組み、着実に成果を上げています。10年前には、同センターでもやむを得ず殺処分していた動物の数が1500頭を越えていましたが、今年度(昨年4月から今年3月まで)は、犬1頭と猫5頭の合計6頭にまで激減しました。なぜ、このような成果が出たのでしょうか?

ポイントが3つ、一部マスコミからは「熊本方式」として紹介されています。1つは、「(動物を救済するために)嫌われる行政機関となる」方針を決めて、対処していることです。すなわち、ペットの飼い主の「命を預かる責任」というものを重視し、安易な飼育放棄を許さず、またマナーの悪い飼い主には積極的にアプローチして、助言するという努力を継続的に行っています。

2つ目のポイントは、「市民や市民団体との協力」で、様々な広報啓発活動をセンター職員が積極的に行い、市民ボランティアと連携することで、行き場がなくなった動物の行き先確保への取り組みを充実させていました。小学校に動物たちを連れて行って、命の大切さを教える活動も広がっているそうです。

そして最後に、「新たな飼い主を探す」努力を抜本的に強化しています。センターで保護した動物をしっかり教育し、散歩もし、トリミングし、身体も洗ってあげて、新たな里親が見つかりやすいように、最大限の努力をしていました。実際、私たちも30頭ばかりの保護された犬たちと触れ合いましたが、みな元気で愛くるしく、家庭で飼育されているペットたちと変わらない様子に、大きな衝撃を受けました。

こうした努力の結果、熊本市愛護センターでは、炭酸ガスによる殺処分機を3年間使用しなくてすむようになったとのことでした。その使用されていない処分機の前で、案内してくれた松崎所長さんは次のように語っていました。

「遠山さん、私たちのセンターは今でこそマスコミで有名になりましたが、有名になりたくてこういう努力をしたわけではないのです。以前、このセンターでも殺処分をしていました。炭酸ガスで窒息死する犬はおびえ、床をカタカタと掻いて死んでいくのです。それを手を合わせて見送っていましたが、『もうこんな姿は見たくない』と心から思って、こういう努力を始めたのです。」

「殺処分機を使わなくなって、センターの職員の意識が大きく変わりました。以前はどうしても『殺処分をしている』負い目のようなものがありましたが、今では自分たちは『命を守っている』という誇りをもって仕事ができるようになったからです。職員たちは、所長である私が指示しなくても、センターの目標達成のために、自らアイディアを出して、積極的に働いてくれるのです。」

私は、非常に感動しました。熊本市でできたことが、他の地域でできないはずはありません。ぜひ、「命を守る熊本方式」を全国に広げていけるように、公明党としてもさらに取り組みを強化したいと決意しました。忙しい中、時間を割いて私たちを案内してくださった職員のみなさん、本当にありがとうございました。

小さな生命を守りたい。遠山清彦の動物愛護政策への取り組みをまとめました。

動物愛護 生命を守る「熊本方式」

遠山清彦です。去る12日、参院予定候補のあきの公造氏と公明党熊本市議団7名と共に、熊本市動物愛護センターを訪問・視察しました。同センターは、「保護された動物(特に犬と猫)の殺処分を限りなくゼロにする」施設として最近テレビや新聞などでも取り上げられており、私は昨年暮れ頃から視察したいと強く要望しており、今回実現の運びとなりました。

私自身、愛犬を飼っており、昨年までは2匹おりました。そのうち1匹の黒ラブは、ブリーダーの劣悪な環境でやや虐待されていた状態で出会い、放っておくことができずに、もらい受けてきた難しい犬でした。しかし、訓練をしっかり受けさせ、昨年9歳で亡くなるまで、私たち家族の立派な愛すべき一員として、幸せな生涯を送ることができました。

近年の報道を見ると、日本もペットブームで犬や猫を中心に飼育数も増えていますが、それに伴い飼育放棄や迷い犬等で「愛護センター」に保護され、最終的に行き場がなく、殺処分にされる動物の数も増えています。最近の調査では全国で年間31万頭も殺処分されています。

そんな中、熊本市動物愛護センターの職員のみなさんは、「殺処分される動物を限りなくゼロにする」ことを目標に一致団結して取り組み、着実に成果を上げています。10年前には、同センターでもやむを得ず殺処分していた動物の数が1500頭を越えていましたが、今年度(昨年4月から今年3月まで)は、犬1頭と猫5頭の合計6頭にまで激減しました。なぜ、このような成果が出たのでしょうか?

ポイントが3つ、一部マスコミからは「熊本方式」として紹介されています。1つは、「(動物を救済するために)嫌われる行政機関となる」方針を決めて、対処していることです。すなわち、ペットの飼い主の「命を預かる責任」というものを重視し、安易な飼育放棄を許さず、またマナーの悪い飼い主には積極的にアプローチして、助言するという努力を継続的に行っています。

2つ目のポイントは、「市民や市民団体との協力」で、様々な広報啓発活動をセンター職員が積極的に行い、市民ボランティアと連携することで、行き場がなくなった動物の行き先確保への取り組みを充実させていました。小学校に動物たちを連れて行って、命の大切さを教える活動も広がっているそうです。

そして最後に、「新たな飼い主を探す」努力を抜本的に強化しています。センターで保護した動物をしっかり教育し、散歩もし、トリミングし、身体も洗ってあげて、新たな里親が見つかりやすいように、最大限の努力をしていました。実際、私たちも30頭ばかりの保護された犬たちと触れ合いましたが、みな元気で愛くるしく、家庭で飼育されているペットたちと変わらない様子に、大きな衝撃を受けました。

こうした努力の結果、熊本市愛護センターでは、炭酸ガスによる殺処分機を3年間使用しなくてすむようになったとのことでした。その使用されていない処分機の前で、案内してくれた松崎所長さんは次のように語っていました。

「遠山さん、私たちのセンターは今でこそマスコミで有名になりましたが、有名になりたくてこういう努力をしたわけではないのです。以前、このセンターでも殺処分をしていました。炭酸ガスで窒息死する犬はおびえ、床をカタカタと掻いて死んでいくのです。それを手を合わせて見送っていましたが、『もうこんな姿は見たくない』と心から思って、こういう努力を始めたのです。」

「殺処分機を使わなくなって、センターの職員の意識が大きく変わりました。以前はどうしても『殺処分をしている』負い目のようなものがありましたが、今では自分たちは『命を守っている』という誇りをもって仕事ができるようになったからです。職員たちは、所長である私が指示しなくても、センターの目標達成のために、自らアイディアを出して、積極的に働いてくれるのです。」

私は、非常に感動しました。熊本市でできたことが、他の地域でできないはずはありません。ぜひ、「命を守る熊本方式」を全国に広げていけるように、公明党としてもさらに取り組みを強化したいと決意しました。忙しい中、時間を割いて私たちを案内してくださった職員のみなさん、本当にありがとうございました。

2010年03月16日デイリーメッセージ 動物愛護

生命を軽視する国

遠山清彦です。先日、福岡市内で「HugMe(ハグミー)」という動物保護団体のパネル展示会に立ち寄り、スタッフの方々と懇談する機会がありました。

日本社会では、犬や猫などの動物が虐待され、モノのように捨てられた結果、保健所等で恐怖におののきながら殺処分されているという現実があります。HugMeは、そうした悲劇の根絶をめざして、啓蒙活動や救済活動をされています。

私自身もブリーダーに虐待されていた犬を引き取って育て上げた経験もあり、また愛犬家の一人として、HugMeの活動には大変共感しました。短時間の懇談でしたが、深く理解しあうことができ、スタッフの方々と強い絆を結ぶことができました。

英国に留学した6年の間、動物の命の扱われ方が日本といかに異なるかを目の当たりにして、残念ながら、日本はペットの扱いについては、非常に遅れた後進国であると感じました。

日本では久しくペットブームが続いており、全国にペットショップが乱立しています。テレビでも動物の特集番組が増え、犬や猫を自分の人生の大切なパートナーとする人も増えています。しかし、その影で、毎年42万頭ともいわれる動物たちが殺処分されており、欧州の基準からみれば日本の現状は「命を軽視する国」と呼ばれても致し方ない状態です。

子犬や子猫の時代は可愛がるが、大きくなると邪魔になり、捨てる人が残念ながら多くいます。届け出制のペットショップであるためか、金儲けだけを目的とした悪質なペット業者が増え、売れ残った大量の子犬や子猫が、まるで商品が処分されるように殺されています。一部のペットは、いまやネットで通信販売されています。

欧州諸国の一部では、ペットショップには規制がかけられており、誰でも彼でも動物を販売できるようにはなっていません。また、諸般の事情から捨てられたペットの扱いについても、なるべく里親が見つかるように配慮しています。

実際私が知り合った英国人でペットを飼っている人の多くが、そういう捨てられた犬や猫を飼っていました。また、ペットと一生付き合うための責任感や知識の習得が欧米では飼い主に厳しく求められています。

動物愛護の問題については、すでに公明党内にプロジェクトチームがあり、色々な研究や政策提言を行って政府の政策の改善を図ってきましたが、まだまだ改善の余地があると考えています。

動物の生命を軽視することは、人間の生命の軽視、弱者への優しさが欠けた社会、慈悲なき政治につながっています。私もさらに勉強を進め、命を大切にする日本社会の実現のため、全力を尽くしたいと思います。

活動アルバム「動物保護団体ハグミーの展示会へ」

2009年07月07日デイリーメッセージ 動物愛護

動物保護団体ハグミーの展覧会

福岡県会議員の大塚勝利さんとともに動物愛護団体のハグミーの展覧会にお邪魔し、活動内容や問題点について伺ってまいりました。私自身も愛犬家でもあり、互いに話題は尽きることないままのあっという間のひと時でした。
(福岡県にて)

(さらに…)

2009年06月10日動物愛護 活動アルバム 福岡県

犬は人間の大切なパートナー

遠山清彦です。私は犬が大好きで、青森で小学校1年生の時に雑種の「コロ」(ころころしていた犬)を飼いはじめ、高校時代は弟たちが新潟の実家で雑種の「シロ」(子犬時代だけ白かった犬)を飼っていて、帰省したときに毎日散歩していました。大学・大学院(英国)時代は、さすがに犬は飼えませんでしたが、日本に帰国し宮崎県で大学の講師になって1年後に、今も家で同居している「ミル」(ラブとゴールデンのハーフ)を飼い始めました。

「常に明るい生き物」として、私はもともと犬が好きでしたが、英国留学時代に、英国人と犬の関係で色々と勉強になることがありました。ひとつは、犬は人間の大切なパートナーであり、飼い主には相応の責任があるということ。英国では、綱(リード)がついていない犬が公道を堂々とあるいていて、吼えないし噛み付かないので、最初は驚きました。皆、子犬時代に飼い主に厳格に訓練されているからであるというのを、後で知りました。また、犬の生命は大切にされており、英国では犬のひき逃げは犯罪で、発覚すれば警察に逮捕されると友人から忠告を受けたこともあります。

犬を育てることを通して子供に責任感を持たせる家庭教育方法が英国の一部の家族で実践されていることを知ったときも、感心しました。子供に、ひとつの生き物の世話と訓練に責任を持たせることで英国紳士・淑女を作ろうという発想は、日本ではなかなか聞きませんから。こんなことを学んでしまったので、私も今のミルを飼って一年たって、妻と相談して宮崎の犬の訓練学校に通わせました。ミルは、訓練プログラム終了後に「家庭犬訓練試験CDII」を受けてジャパン・ケンネル・クラブから認定証をもらっています。

日本にペットブームが到来して、かなり時間がたちましたが、まだ色々な問題があります。飼い主が犬を訓練する習慣がない。子犬はかわいがるけれども、成犬になると面倒みない、最悪の場合は捨ててしまう人も残念ながらおります。ペット屋に陳列しているかわいい子犬たちも売れ残ると「処分」されていて、その数は以前読んだ新聞記事によると年間数十万頭とか。殺されるためだけに生まれてきたのかと思うと、不憫でならず、私は実はあまりペット屋の子犬を見るのが好きではありません。(ちなみに、ミルはペット屋からではなく、劣悪な環境の怪しいブリーダーから引き取ってきた犬です。)

たかがペットのこと、と言う人もいるかもしれませんが、私はこういう日本社会の側面も国際社会で日本人の品性・品格が問われる要素になっていると思います。動物も大切な生命、という自覚をもってペットを飼う人が増えてほしいと願うばかりです。

2007年02月28日デイリーメッセージ 動物愛護

女優の田中美奈子さんをゲストにお迎えして

「遠山清彦のピースpeaceピース」女優の田中美奈子さんをゲストにお迎えして

「遠山清彦のピースpeaceピース」女優の田中美奈子さんをゲストにお迎えして

「遠山清彦のピースpeaceピース」女優の田中美奈子さんをゲストにお迎えして

新年明け最初のゲストは女優の田中美奈子さんです。いつも元気一杯の美奈子さん。女優として活躍する一方、自身が取り組まれている動物ボランティアの話題も盛りだくさんでした。人にも動物にも優しい美奈子さんの魅力がたっぷり聞けるトークです。
(この収録は、2006年1月2日、9日の2回にわたって放送される予定です)

田中美奈子さんプロフィール
1987年デビュー以来、タレント、歌手、モデルとして大活躍。1月5日から新番組「新・風のロンド」に出演。また、動物保護団体の「エルフ」を設立。アニマルショップ&カフェの「Honey & Chacha」のオーナーとしてもご尽力されています。

「新・風のロンド」HPアドレス:www.tokai-tv.com/kazerondo
「Honey & Chacha」HPアドレス:http://www.honeychacha.com

2005年12月09日ラジオ番組 動物愛護

  • facebook
  • twitter
  • twitter

カテゴリー一覧

アーカイブ