遠山清彦 世界を駆ける。現場を走る。
  • HOME »
  • 遠山清彦 世界を駆ける。現場を走る。 »
  • 志力の政治

志力の政治

     


志力の政治 表紙

私の初出版『志力の政治』(論創社・1470円)、11月16日に発売を開始しました。以下のインターネット書店、有名書店で購入していただけます。

Amazon他、以下のインターネット書店でご購入できます。


アマゾンで購入する

e-hon

セブンネットショッピング

ライブドアブックス

楽天ブックス

以下の書店でも販売しています。

東京:信濃町博文堂書店、ジュンク堂池袋店、ジュンク堂渋谷店
大阪:ジュンク堂難波
岡山:ジュンク堂岡山、岡山大学生協
福岡:ジュンク堂福岡、九州大学生協

「志」とは、一生をかけて何かを成し遂げるための動機であり、目標であり、希望であり、信念である。言い換えれば、「何のため」という精神の柱だ。そして、「何のため」がない社会のひずみは、国家を動かす政治の世界に顕著に表れてしまっているのではないだろうか。「人材立国日本の再建」。これは一〇年前の国政初出馬で私が立てた第一の志である。あらゆる分野から、坂本龍馬も驚くような人材を陸続と輩出する日本。その人材が志を果たすことができる国を創るため、私自身が「志高き政治家」として力を尽くしていきたいと思う。(「はじめに」より)


「志力の政治」帯

<目次>

はじめに

第一部 震災からの日本再生をめざして
東日本大震災の衝撃
一本の電話がきっかけで――「キリン」の福島原発投入が実現
被災地から国会へ――真剣勝負の衆院予算委員会質疑
被災地を救う法整備を――災害弔慰金支給法改正案を議員立法で提出
本格的復興への課題は多い――陸前高田市長との対話を通じて
日本の防災体制を見直す――災害時に威力を発揮する病院船建造を
万全の危機管理で人命を守る――日本版FEMA「危機管理庁」の設置を
緊急時の首都機能の確保を――道州制の導入を真剣に議論すべきだ

第二部 離島問題そして「沖縄」に挑む――公明党離島対策本部長として活動
遥かなるトカラ列島へ――日本で「最も長い村」を訪問
離島振興対策本部を設置した公明党
知られざる「世界第六位の海洋国家」――離島が日本を支えている現実
予算委員会で取り上げた「離島」の生活課題
新しい離島振興策を考えるポイント――「離島特区」などを実現すべき
私と「沖縄」の始まり――沖縄に国連機関誘致をめざして
「太平洋・島サミット」の沖縄誘致実現
米軍基地の光と影
米軍基地の経済効果というウソ――数字が証明する「沖縄の真実」
「最低でも県外」の裏切り
総理は「政治生命」を賭けて問題解決に当たるべき
光満ちる沖縄の未来――沖縄に「光」を増やそう!

第三部 一人ひとりに光を当てる政治を――常に国民の側に立って仕事をしたい
「9・11同時多発テロ」とパキスタン視察
アフガン難民家族との出会い
最初の国会質問は「本会議代表質問」だった
公明党が日本の難民政策を変えた
キンマウンラさん一家の救済に動く
法務大臣の「例外中の例外」の英断
携帯電話ナンバーポータビリティ制度の実現
イラク、ジョブカフェ、脱法ドラッグ禁止へと――若者の活動は止まらない
参議院厚生労働委員会理事に就任――年金制度に取り組む
税と社会保障改革は超党派で

第四部 二十一世紀の政治家として――「行動力」と「発信力」をモットーに走る
平和学と政治――平和学博士として思うこと
英国ブレア首相のとの出会い   
日本の国会議員も英語を使えたほうがいい――英語はたんなる道具にすぎない
「方法は君が考えるんや!」――イラク・サマーワの電撃訪問
脱「内向き日本」をめざす――外務大臣政務官を経験して
東ティモールの偉人に会う――シャナナ・グスマン初代大統領との思い出
「文は人なり」――メルマガに思いを込める
多士済々のゲストを招いて――ラジオ・パーソナリティを2年半つとめる
ソーシャルメディアと政治――個人の政治参画を可能にするツール

むすびにかえて
サムスン電子の成功、そのヒントは松下幸之助氏?
「人は石垣、人は城」を世界に主張
「志」を持つ人が出る日本に
国会改革

おわりに

志の力が日本と世界を変える。遠山清彦のめざす「志力の政治」とは?

『志力の政治』(論創社・1470円)、11月16日に発売開始しました


志力の政治 表紙

私の初出版『志力の政治』(論創社・1470円)、11月16日に発売を開始しました。以下のインターネット書店、有名書店で購入していただけます。

Amazon他、以下のインターネット書店でご購入できます。


アマゾンで購入する

e-hon

セブンネットショッピング

ライブドアブックス

楽天ブックス

以下の書店でも販売しています。

東京:信濃町博文堂書店、ジュンク堂池袋店、ジュンク堂渋谷店
大阪:ジュンク堂難波
岡山:ジュンク堂岡山、岡山大学生協
福岡:ジュンク堂福岡、九州大学生協

「志」とは、一生をかけて何かを成し遂げるための動機であり、目標であり、希望であり、信念である。言い換えれば、「何のため」という精神の柱だ。そして、「何のため」がない社会のひずみは、国家を動かす政治の世界に顕著に表れてしまっているのではないだろうか。「人材立国日本の再建」。これは一〇年前の国政初出馬で私が立てた第一の志である。あらゆる分野から、坂本龍馬も驚くような人材を陸続と輩出する日本。その人材が志を果たすことができる国を創るため、私自身が「志高き政治家」として力を尽くしていきたいと思う。(「はじめに」より)


「志力の政治」帯

<目次>

はじめに

第一部 震災からの日本再生をめざして
東日本大震災の衝撃
一本の電話がきっかけで――「キリン」の福島原発投入が実現
被災地から国会へ――真剣勝負の衆院予算委員会質疑
被災地を救う法整備を――災害弔慰金支給法改正案を議員立法で提出
本格的復興への課題は多い――陸前高田市長との対話を通じて
日本の防災体制を見直す――災害時に威力を発揮する病院船建造を
万全の危機管理で人命を守る――日本版FEMA「危機管理庁」の設置を
緊急時の首都機能の確保を――道州制の導入を真剣に議論すべきだ

第二部 離島問題そして「沖縄」に挑む――公明党離島対策本部長として活動
遥かなるトカラ列島へ――日本で「最も長い村」を訪問
離島振興対策本部を設置した公明党
知られざる「世界第六位の海洋国家」――離島が日本を支えている現実
予算委員会で取り上げた「離島」の生活課題
新しい離島振興策を考えるポイント――「離島特区」などを実現すべき
私と「沖縄」の始まり――沖縄に国連機関誘致をめざして
「太平洋・島サミット」の沖縄誘致実現
米軍基地の光と影
米軍基地の経済効果というウソ――数字が証明する「沖縄の真実」
「最低でも県外」の裏切り
総理は「政治生命」を賭けて問題解決に当たるべき
光満ちる沖縄の未来――沖縄に「光」を増やそう!

第三部 一人ひとりに光を当てる政治を――常に国民の側に立って仕事をしたい
「9・11同時多発テロ」とパキスタン視察
アフガン難民家族との出会い
最初の国会質問は「本会議代表質問」だった
公明党が日本の難民政策を変えた
キンマウンラさん一家の救済に動く
法務大臣の「例外中の例外」の英断
携帯電話ナンバーポータビリティ制度の実現
イラク、ジョブカフェ、脱法ドラッグ禁止へと――若者の活動は止まらない
参議院厚生労働委員会理事に就任――年金制度に取り組む
税と社会保障改革は超党派で

第四部 二十一世紀の政治家として――「行動力」と「発信力」をモットーに走る
平和学と政治――平和学博士として思うこと
英国ブレア首相のとの出会い   
日本の国会議員も英語を使えたほうがいい――英語はたんなる道具にすぎない
「方法は君が考えるんや!」――イラク・サマーワの電撃訪問
脱「内向き日本」をめざす――外務大臣政務官を経験して
東ティモールの偉人に会う――シャナナ・グスマン初代大統領との思い出
「文は人なり」――メルマガに思いを込める
多士済々のゲストを招いて――ラジオ・パーソナリティを2年半つとめる
ソーシャルメディアと政治――個人の政治参画を可能にするツール

むすびにかえて
サムスン電子の成功、そのヒントは松下幸之助氏?
「人は石垣、人は城」を世界に主張
「志」を持つ人が出る日本に
国会改革

おわりに

2011年11月18日デイリーメッセージ 志力の政治

『志力の政治』、Amazonでの予約を開始しました。

私の初出版『志力の政治』(論創社・1470円)、Amazon(ネット書店)での予約を開始しました。


志力の政治 表紙
         
amazonで予約する
2011年11月13日デイリーメッセージ 志力の政治

  • facebook
  • twitter
  • twitter

カテゴリー一覧

アーカイブ